その他

イーデザイン損保の自動車保険・ロードサービス・更新

テレビCMでもおなじみのイーデザイン損保。

ネット申し込みが可能で、走行距離が短い人ほどおトクな保険料があり
専門家もおススメの損保です。

今回はそんなイーデザイン損保についてまとめました。

イーデザイン損保の自動車保険とは

イーデザイン損保では、主に自動車保険を取り扱っています。グループ会社である東京海上は100年の歴史を誇っていて、保険業界の老舗企業の1つです。
イーデザイン損保には様々な特徴があり、例えば無事故割引というサービスがあります。1年間事故を起こさなかった場合、翌年から保険料が割引されるのです。それは保険業界では唯一のサービスであると、イーデザイン損保は公式で明示しています。
事故対応には定評があり、24時間365日対応してくれるのです。しかも事故現場には、当日に駆けつけてくれます。
事故だけでなく、バッテリーや鍵開けなどの応急的な作業も行ってくれます。ガス欠になった時にはガソリンも配達してくれますが、そのサービスも無料なのです。
またイーデザイン損保には弁護士費用の補償保険もあります。交通事故を起こした時は、相手と示談になる事もあります。その際には弁護士に依頼するケースも多いですが、イーデザイン損保ならその費用も負担されるのです。




イーデザイン損保のロードサービス内容

自動車を運転していると、万が一のトラブルに遭遇する事もあります。タイヤがパンクしたり、バッテリーが上がって車が動かなくなってしまう事もあるのです。
ですがイーデザイン損保には、ロードサービスがあります。たとえ車が動かなくなったとしても、専門スタッフが現場に来てくれるのです。レッカー車などでスタッフが来て、事故対応してくれます。
イーデザイン損保によるロードサービスは、全て無料になるのです。しかも無料になる回数には、制限がありません。たとえ何回ロードサービスを利用しても、料金無料になります。ただしガソリン配達サービスだけは1回限定になりますから、注意が必要です。
イーデザイン損保の場合は、このサービスの拠点は沢山あります。現時点では、全国9,300ヶ所に拠点があって、近くの事故現場に駆けつけてくれる訳です。ただこの数字は、あくまでも現時点での拠点数になります。今後の状況に応じて、その数が変化する可能性はあります。

イーデザイン損保の継続、更新方法

イーデザイン損保には、保険終了日があります。いわゆる満期があるのですが、更新手続きを行えば継続加入できます。イーデザイン損保の場合は70日前から更新手続きを受け付けていて、45日前までに更新すると割引されるサービスもあるのです。
その具体的な手順ですが、まずイーデザイン損保のサイトにアクセスして契約更新という箇所をクリックします。そしてサイトにログインすると、更新に関する見積もりが提示されるのです。その見積もりの内容を確認して、希望する保険プランも選択します。
プランを選んだ後には支払方法を選択しますが、イーデザイン損保にはコンビニ払いとクレジット払いがあります。支払方法の手続きが完了すると、イーデザイン損保からメールが送られてきます。その際、書類が求められる事もありますが、それもサイトで提出可能です。
なお更新する際には、予めユーザーIDと走行距離計の数字情報を確認しておくと、手続きを進めるのがスムーズになります。




イーデザイン損保への問い合わせ方法

イーデザイン損保への問い合わせ方法は、チャットもしくは電話になります。状況によっては、FAXによる問い合わせも可能です。
イーデザイン損保の公式サイトを開きますと、ポップアップでチャットを始めるというボタンが表示されますから、それをクリックして問い合わせする事も可能です。なおチャットの受付時間は、曜日によって異なります。平日は9時半から20時であり、土日と祝日は9時半から18時になるのです。
それと電話ですが、番号は複数あります。問い合わせ先によって受付内容は異なりますから、注意が必要です。例えばある番号の場合は新規申し込み者限定で受付していて、別の番号は既存客のみ電話受付しています。また事故受付けやロードサービスの問い合わせ先も、それぞれ別々になります。
なおイーデザイン損保では、体が不自由な方のためにFAXでも問い合わせを受付けています。耳や目が不自由な方々向けのサービスで、独自のシートをFAXして問い合わせする事も可能なのです。